恋糸記念日|Handyコミック無料立読みサイト

恋糸記念日|Handyコミック無料立読みサイト

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   
Handyコミック【恋糸記念日】※スマートフォン専用

 

作品名: 恋糸記念日

 

 

 

著 者: たかやKi

 

配信元: handyコミック

 

配信数: 13話

 

 

よくいる貧乏学生である祐一は、前から憧れていた、アパートの管理人さんの部屋へいきます。ち

 

なみに、この管理人さん、激しくドジっ娘という属性を持ちつつも、何気に年上という萌え要素満載なお姉さんなのです。

 

今日も、大股広げてすっころんでいるが、エッチというよりは可愛らしいといった様子である。

 

こうした時に見せる、まるで子供のようなふくれた表情や、動作が超絶に魅力的なのですね。

 

こんな彼女に惚れている祐一は、偶然、目の前に管理人さんの股間が見えた時、エロい事を考えすぎてフル勃起しちゃいます。

 

 

これを彼女に見られてしまい、半分やけくそで告白することに。「管理人さんじゃないと、こんなふうになりません」と、ある意味男らしい告白だ。

 

それをキスで応える、割とエッチなお姉さんに興奮してしまいます。また、貧乏学生祐一は、アパートの管理人・加奈子の手伝いをしていた。

 

お礼に加奈子に晩ご飯をごちそうされる祐一だったが、先にシャワーを浴びていた加奈子の悲鳴が聞こえる。祐一が慌てて風呂場に飛び込むと

 

奈子の投げた手桶が当たり失神。加奈子に膝枕で介抱されていると、下半身が反応して…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お嬢様調教日誌

恋糸記念日 むすんで ひらいて ・あらすじ

 

 

 

恋糸記念日 むすんで ひらいて ・あらすじ

 

貧乏学生の祐一は、管理人の加奈子に密かに恋心を抱いていた。

 

アパートの管理の仕事を手伝っていると、加奈子は祐一を晩御飯に誘った、

 

一時の幸せに浸っていた祐一だった。

 

シャワーを浴びている加奈子の悲鳴が聞こえたので、

 

お風呂場に行くと足を滑らせて転倒してしまう、気を失った祐一が目覚めると、

 

加奈子の膝枕の上だった、その状況を意識するだけで勃起してしまう祐一だった、

 

下半身の押さえが利かなくなった祐一は、欲望のままに加奈子を・・・・

 

 

 

 

 

 

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   
Handyコミック【恋糸記念日】※スマートフォン専用
Handyコミック【恋糸記念日】※スマートフォン専用
Handyコミック【恋糸記念日】※スマートフォン専用

 

 

 

お嬢様調教日誌