どの処女にナマで出しまくっても全然OK!な田舎町|コミなび純稿無料立読みサイト

どの処女にナマで出しまくっても全然OK!な田舎町|コミなび純稿無料立読みサイト

 

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   
【コミなび純稿】どの処女にナマで出しまくっても全然OK!な田舎町

 

作品名【コミなび純稿】どの処女にナマで出しまくっても全然OK!な田舎町

 

 

 

 

著者 トイレ籠

 

 

配信元  コミなび純稿

 

 

 

 

 

 

 

 

お嬢様調教日誌

 

 

どの処女にナマ出ししまくっても全然OK!な田舎町のあらすじ

 

 

 

 

どの処女にナマ出ししまくっても全然OK!な田舎町のあらすじ

 

“常識の通用しない、性文化が残った町”そう、主人公が辿り着いた奇妙な町とは!どの処女にナマ出ししまくっても全然OK!な田舎町だった!?

 

 

一人旅をしていた主人公(30才・独身)が迷い込んだのは、昔の風習が色濃く残る田舎町。

 

そこは、かつての日本に当たり前のように存在した風習、混浴や夜這い、盆踊り(一昔前は集団ハメハメ祭りであった)が今でも守り継がれ、夜ごと密かに酒池肉林が繰り広げられている。

 

 

迷い猫のように町に辿り着いた主人公を俺を助けたのは、純朴そうな制服処女。お風呂で背中を流してくれる彼女についついムラムラっときて、背後からおっぱいを鷲掴み!?もちろん制服処女とバッチリ堪能したあとは、お祭り会場で浴衣処女Fuck!

 

 

おまけに若い男女が集う“寝宿”で、じっくりゆっくり夜這いも体験OK。どんなエッチも許されちゃう世界なんて、永住決定間違いなし。どの処女にナマ出ししまくっても全然OK!な田舎町、続きは本編にてお楽しみ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   
【コミなび純稿】どの処女にナマで出しまくっても全然OK!な田舎町

 

【コミなび純稿】どの処女にナマで出しまくっても全然OK!な田舎町
【コミなび純稿】どの処女にナマで出しまくっても全然OK!な田舎町

 

お嬢様調教日誌