SISTERS 〜夏の最後の日〜 |まんが王国無料立読みサイト

SISTERS 〜夏の最後の日〜 |まんが王国無料立読みサイト

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   
【ケータイまんが王国】SISTERS※スマホ専用

 

 

 

 

品名: SISTERS 〜夏の最後の日〜

 

 

 

 

著者 Jellyfish

 

 

配信元:まんが王国

 

 

 

 

 

お嬢様調教日誌

SISTERS 〜夏の最後の日〜 あらすじ

 

 

 

 

SISTERS 〜夏の最後の日〜 あらすじ

 

1990年8月。とある山間部で朝日を浴びながら静かに佇む、洋風建築の白く大きな家。

 

主人公はそこの一室で目を覚ますが、自らの状況を把握できずに戸惑っていた。キッチンには神村秋子という名の美女が立っており、主人公に今やるべき仕事を優しく諭す。

 

主人公はとりあえず秋子の言う通りにしながら日没まで過ごすが、状況を隅々まで知っているような彼女の言動に不安を、ボディーラインや素肌を広く露出させたノーブラ姿に性的興奮をそれぞれ覚える。

 

特に後者は著しく、風呂上がりの秋子のバスタオル姿を目の当たりにしていたことも重なり、個室へ戻っても治まらない。

 

主人公は堪らず下半身の衣服を脱ぎ捨ててベッドの上へ仰向けに横たわると、既に逞しくそそり立っていたペニスを握り、

 

秋子の名を呟きながら無我夢中で扱き始めるが、まもなくそこへティーセットを携えた彼女が入ってきた。秋子はドア越しに聞こえてきた主人公の声に、自らの名を呼ばれたと思っていたのだ。

 

我に返って戸惑う主人公に対し、ようやく状況を把握した秋子は驚くよりもむしろ妖しい笑みを浮かべながら近寄ると、彼の手の代わりに自らの手でペニスを握り、巧みに扱き始める。

 

上体へ覆い被さり唇へディープキスすら絡めてくる秋子に、主人公は堪らず絶頂を迎えて彼女の手の中から宙へ射精してしまうが、

 

秋子は構わず更に妖しい笑みを浮かべながら自らの乳房どころか局部すら露にすると、ベッドの上へ全身を預けて主人公の顔の方へ股を開き、愛撫を求める。

 

れに応じた主人公が興奮して目の前に迫った秋子のクリトリスを指で愛撫していく中、秋子も興奮してそれまで扱き続けていた主人公のペニスへむしゃぶりつき、激しく吸い立てていく。

 

そんな秋子に、主人公はまたも堪らず絶頂を迎えて射精してしまうが、

 

秋子は彼の精液を口内で受け止めるだけでなく、頬や前髪にまで浴びてなお主人公のペニスの硬度を口や手で確かめて悦ぶと、

 

全裸になって彼の首元へ半ば馬乗りになり、主人公へクンニを求める。

 

素直に応じた主人公の舌技に悦んだ秋子は、遂には彼に代わってベッドの正方向へ仰向けに横たわると、

 

セックスの最終段階を堪能するべく股を開いた。主人公も秋子の姿勢の意味を理解し、全裸になって彼女の股間へ移動すると、秋子の次の行動を待つ。

 

まもなく、妖しさと優しさの入り混じった笑みを浮かべた秋子はそっと主人公のペニスを握り、自らのヴァギナへ導いた。

 

たちまち、主人公と秋子の身体は性器の結合を迎えた悦びに打ち震え、互いの絶頂を最終段階に最も相応しい形で迎えるためのピストン運動へ移行していく。

 

 

 

夜更けの闇の中、カーテンを閉め忘れられた一室の窓からほのかな明かりが漏れる白い家の室内に置かれたベッドの上で、主人公は秋子に導かれるまま何度も肉欲を奮い、

 

秋子はそんな主人公の逞しさに悦びの嬌声を上げる。

 

時折吹いてくるそよ風、それになびく草むら、そして夏の夜を彩る虫の音といった自然の奏でるささやかな調べの中、主人公と秋子は無我夢中で性の快楽を貪り合うのだった

 

翌朝、主人公が目を覚ますと、そこに秋子の姿は無かった。リビングに残された書き置きによれば、家を去った自らの代わりに娘の神村春香と神村千夏がやってくるらしい。

 

それからまもなく、書き置きの通りに春香と千夏が主人公の元を訪れる。

 

 

 

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   
【ケータイまんが王国】SISTERS※スマホ専用

 

 

【ケータイまんが王国】SISTERS※スマホ専用

 

【ケータイまんが王国】SISTERS※スマホ専用

 

【ケータイまんが王国】SISTERS※スマホ専用

 

 

お嬢様調教日誌