ブラ透け女子学生と嵐の夜に〜|Handyコミック無料立読みサイト

ブラ透け女子学生と嵐の夜に〜|Handyコミック無料立読みサイト

 

 

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   

 

 

Handyコミック【ブラ透け女子学生と嵐の夜に】※スマホ専用

 

 

【作品名】 ブラ透け女子学生と嵐の夜に…

 

 

【ジャンル】 エロ漫画

 

 

【著者】 まる。

 

 

チンジャオ娘

 

ワイエムドットコム

 


【配信話数】 2話まで配信中【連載中】

 

 

【配信サイト】 handyコミック

 

 

など

ブラ透け女子学生と嵐の夜にのストーリー紹介

 

 

ブラ透け女子学生と嵐の夜にのストーリー紹介

 

今どき黒髪のおさげなんて都内のお嬢様か、ど田舎の純情女子学生くらいしかお目にかかる機会ないですからね。

 

出張で訪れた海辺の田舎町。取引先から帰り道、時間もあったので、景色を楽しむためにバスに乗らずに海沿いの道を歩いていた。

 

そろそろ日が傾くころ─突然黒い雲が流れてきたかと思うと、激しい雨が降り始めた。

 

あわてて通りかかった海の家として使われていたと思われるボロ屋の軒先に身を寄せる。

 

中に入ろうとしたがとびらには鍵がかけられていて人がいる様子は見受けられなかった。

 

しばらく待ってみたが、雨の中に人影がだんさんみえてきてこちらへ向かって来るのが見えた。

 

制服姿のようだが、地元の学生だろうか。ずぶ濡れになった黒い髪がつややかに光り、スカートの濡れたところを絞っていた。

 

顔を上げた学生と目が合った。

 

「あれ、地元の人……じゃないですよね。雨宿りですか?」と彼女は気さくに話しかけてきた。

 

出張で来たのだけど、時間が空いたから散歩していたら、突然雨にフラれちゃってね。

 

「中に入りましょうか?」と小屋を指差し、招き入れるように先に進んで入っていた。

 

鍵がかかっているのかと思ったが、南京錠がひっかかっているだけだという。

 

薄暗い部屋のなかに入って、残された箱に腰掛けた。

 

お互いの身体を水しぶきをハンカチで払う。

 

見てはいけないと思いつつ、熟れた女子学生の胸元に目が行ってしまう。

 

豊満な乳房の姿が柄物のブラジャーを通して透けて見えた。制服からつたう雨粒が隆起したそのふくらみに沿って流れていく。

 

ごくり。とつばを飲み込む。

 

「どうしたんですか」まったく警戒心のないきょとんとした顔を向けてくる。

 

なんとかごまかそうとしているといきなり雷鳴が光とともに鳴り響いた。

 

いきなり甲高い悲鳴をあげて彼女は私の腕にしがみついてきた。

 

雷は苦手という彼女。

 

さらに深く身体をすり寄せてくる。

 

たまらず私は女子学生を壁に押し付けて、やめてという彼女の口にキスを重ねた。

 

なかなか口を開かずに抵抗する隙を狙って、素早く舌を差し込み口の中を舐めまくる。

 

ちゅぷちゅぷちゅぷと卑猥な音が鳴り響く。

 

彼女の瞳にはあ大粒の涙が……。

 

固く握った拳は、私を押しのけようと必死の抵抗を試みていた。

 

ネクタイで彼女の手首を縛り上げて、そのまま床に突き倒し、その上に覆いかぶさった。

 

まるいおわん型の成熟した乳房が現れて、私はたまらずにむしゃぶりつく。

 

「いや、やめてください。。」

 

私は、抵抗する彼女を何度も何度もレ◯プし、中◯しし続けた。

 

やがて恍惚の表情を浮かべて、中に◯してと彼女はみずから股間をひらいて……。

 

 

 

 

 

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   

 

 

Handyコミック【ブラ透け女子学生と嵐の夜に】※スマホ専用

 

 

Handyコミック【ブラ透け女子学生と嵐の夜に】※スマホ専用

 

Handyコミック【ブラ透け女子学生と嵐の夜に】※スマホ専用

 

Handyコミック【ブラ透け女子学生と嵐の夜に】※スマホ専用

 

Handyコミック【ブラ透け女子学生と嵐の夜に】※スマホ専用