保護者失格。一線を越えた夜 〜|Handyコミック無料立読みサイト

保護者失格。一線を越えた夜 〜|Handyコミック無料立読みサイト

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   
Handyコミック【保護者失格。一線を越えた夜】※スマホ専用

 

保護者失格。一線を越えた夜

 

著者 つきのおまめikak

 

 

発行 アムコミ

 

「叔父さん……私、もう子供じゃないよ……

 

裸の姪とお風呂で絡め合う舌。叔父の繊細で長い指が丁寧に弄ると、激しく濡れ出す下半身。

 

子供だと思っていた姪は、いつの間にか大人の身体、女の表情になっていた……。

 

8歳の時に両親に先立たれたちづるは、それ以来、叔父に引き取られ2人きりの家族として生きてきた。

 

けれど、ちづるがハタチになった夜をきっかけに、その関係は崩れ出して……。

 

 

 

 

お嬢様調教日誌

保護者失格。一線を越えた夜  あらすじ

 


保護者失格。一線を越えた夜 第1話  あらすじ

 

 

ガチャ、ドアが開く音がして、玄関の方に向かうちづる。

 

”叔父さん!お帰りなさー・・・”

 

 

玄関を見ると、叔父さんの後ろには会社の同僚。

 

 

 

叔父さんはちづるの頭を軽く撫で

 

 

書類をとりに自分の部屋へ。

 

ちづるは会社の同僚をリビングに案内した。

 

リビングに案内した同僚にビールを出し、話をするちづる。

 

どうやらこの同僚はちづるが叔父さんと住みだした

 

 

時のことを知っているらしい。

 

当時の回想シーン。

 

ちづるは8歳の時に事故で両親をなくした。

 

 

叔父さんに引き取られた

 

 

それから叔父さんとちづるのふたり暮らしは

 

 

始まっていた。

 

それから12年、ちづるも20歳、

 

 

同僚はちづるにお酒をすすめるが、

 

 

まだ一度もお酒を飲んだことのないちづる、一度は断る

 

 

だが、ここで同僚の”本当の親子みたいだった”という言葉で

 

 

急にムキになる。

 

 

僚のビールを奪い取り、一気に飲んだ</strong>

 

 

挙句簡単に潰れてしまう・・!

 

 

そして、大好きな叔父さんに介抱されるのだった・・・!

 

 

 

 

 

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   
Handyコミック【保護者失格。一線を越えた夜】※スマホ専用

 

 

お嬢様調教日誌