【コミなび純稿】人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで

【コミなび純稿】人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで

 

 

 

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   

 

【コミなび純稿】人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまでver3

 

 

 

作者葵・kupa

 

配信元:コミなび純稿

 

 

 

第1話
オラオラ系の隣人に妻を…

 

第2話
「さきっちょをつんつんするアソビですよ♪」

 

第3話
「あ…あんな大きいモノ入れられない…」

 

第4話
「気持ち…よくなっちゃうよ!!」

 

第5話
「ボ〇キチ〇ポ、欲しいッスか?」

 

第6話
「俺のチ〇ポ舐めてくんねースか?」

 

【コミなび純稿】人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまでver3
【コミなび純稿】人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまでver3

 

 

 

 

【コミなび純稿】人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで あらすじ

 

人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまで あらすじ

 

ヒロインで結婚二年目の人妻・雅子は夫・洋平との関係も悪くなく、セ〇クスレスな点以外では毎日がそれなり充実していた。

 

そんなある日、隣に若いカップルが引っ越してくる。

 

夫をいつものように見送ったある午後のこと、昼間から卑猥な音が壁越しに聞こえてくる。

 

そんな二人は、昼間からセ〇クス三昧で、雅子にとっては隣りから聞こえてくるあえぎ声に困惑してしまう。

 

その夜のこと、夫が帰宅後に早速相談したところ、夫・洋平は、

 

「雅子は神経が過敏なんだよ。うちも友達呼んだときは騒がしくするからお互いさまだよ!」

 

でも・・・と雅子がつぶやいたその時、ピンポーンと玄関のチャイムが鳴り、隣のカップルが雅子の家に引っ越しの挨拶にやってきた。

 

見た目オラオラ系のその男・土原敬三は、見た目とは裏腹に、とても好青年で、礼儀正しく、お土産の酒をふるまい楽しく談笑をしていた。

 

しばらくすると酔いが回って来たのか、突然、「よかったらコイツと一回ヤってみねースか?」と自分の彼女である奈緒と洋平がセ〇クスするように、まさかの提案してきた。

 

そして、敬三の目は雅子の股間へと向かっていき・・・

 

「…奥さん…俺と一回だけでいいから、セ〇クスさせてくんねースか♪」

 

「えっ!何を言って?」

 

実は内心ドキドキの人妻・雅子は、最初は抵抗していたものの、ついに・・・

 

「俺たちも始めようか!奥さん♪」

 

「まずは寝そべって・・・いいんだよ!こういう尻ってチ○ポねじ込めばねじ込むほど・・・マ○コのしまりがよくなるんだよ♪」

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   

 

【コミなび純稿】人妻交姦ゲーム!〜ヤンキーのオラついたアレで堕ちるまでver3