発情スイーツスウェット |Handyコミック無料立読みサイト

発情スイーツスウェット |Handyコミック無料立読みサイト

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   
Handyコミック【発情スイーツスウェット】※スマホ専用

 

作品名: 発情スイーツスウェット

 

 

 

著 者: Hamao

 

 

配信元: handyコミック

 

 

配信数: 14話

 

 

田舎の人がほとんどいないバス停に雨宿りした わたしは突然の雷雨にびしょ濡れ そこで思わぬことがおきる

 

偶然にも美少女とそこで出会うことになる 中々バスがこないわたしに声をかける少女

 

よく見ると濡れた胸もとの下着がハッキリと 透けて見える プリンとした巨乳の谷間は興奮をさそう

 

ドキドキと高鳴る鼓動が何かを期待する オトナの対応をしようとガンバルわたしは 平静を装う

 

あまりの無防備な女子の姿はもう誘惑している 気がしてきた

 

透けたシャツを剥がして裸にしたい そんな野蛮な妄想が盛り上がる

 

どうかしました?少女は何かを察した 首をかしげる。ドキドキと鼓動がピークとなり 頭の中が真っ白になった

 

 

 

 

 

 

 

 

お嬢様調教日誌

発情スイーツスウェットあらすじ

 

 

発情スイーツスウェットあらすじ

 

 

雨宿りの放課後。古い木製の橋の下で先輩は僕の下半身に顔を埋め、膨張し硬さを帯びた肉棒に何度も舌を這わせる。

 

 

目の前には雨粒を受けて水面が撥ねる川のせせらぎや、周囲には雨の恩恵を受けて生き生きと咲き乱れる青や紫色の紫陽花だけが折り重なる僕らを眺めていた。

 

先輩の生暖かいぬめった舌の愛撫に肉棒が彼女の口の中で生理的にヒクリと震える

 

 

それに気付いたのか手の平で僕のソレを支え、

 

 

先を根本から先端にかけていやらしく舐め上げた

 

 

堪らず先端の窪みからは透明な先走りが滲み出て、彼女はそれを美味しそうに舌の腹で繰り返しねぶる。</strong>

 

 

「先輩…っ、まずいですよ。上はみんな通るんですからっ」息も絶え絶えに制止を促すものの、彼女はそんな僕に意味ありげな笑みを浮かべて舌先の愛撫を続ける。

 

 

「そんなこと言って…いつもより興奮してるじゃない」否定出来ない指摘に言葉は詰まり、それ以上の説得が出来ない

 

 

むしろ反り返った肉棒は我慢の限界だと言わんばかりにビクビクと痙攣し更なる刺激を求めていた。

 

 

しょうがないですね…」「あ、そのままイカないでね。最後はこっちで!」後ろを向いた彼女がお尻を高々と上げて下着を自ら指先で引っ張り、

 

 

僕は愛液にテカるそこへ肉棒の先端を押し付け…

 

 

 

無料立ち読みはココをタップ!!

 

 ↓↓         ↓↓   
Handyコミック【発情スイーツスウェット】※スマホ専用

 

 

Handyコミック【発情スイーツスウェット】※スマホ専用

 

 

Handyコミック【発情スイーツスウェット】※スマホ専用

 

 

お嬢様調教日誌